月: 2019年1月

犬の命名はこんな点に注意

犬の名前をつけるというのは飼い主にとっての一大イベントですよね。 自分の子どもに命名するより悩むという人もいるというほどです。 最近はインターネット上で犬の人気のある名前のランキングを簡単にチェックできるので、それらを参考に命名している人も多いのではないでしょうか。 ただし注意ポイントもあるので、ここでは名前をつける際に気をつけたい点について紹介しておきましょう。

名前ランキングも悪くないけれども…

まず、名前ランキングから選ぶと他の犬と名前がかぶってしまう可能性が高いという点です。 名前ランキングには素敵な名前がたくさんあるので参考にするのはいいのですが、飼い主が「いいな」と思う名前は他の人にとっても「いい」名前です。 だから、どうしても名前がかぶりがちになるのは仕方ないことです。 家の中だけで飼うのであればさほど問題はないかもしれませんが、公園やドッグランなどで他の犬と触れ合う機会が多ければそこに同じ名前の犬がいて、名前を呼んだ時にそれぞれが混乱するなんてことが起こるかもしれません。

カナガンドッグフード 効果もチェック。

キラキラネームに注意

近年は自分の子どもにキラキラネームをつける親も少なくありませんが、犬にも変わった名前をつける人もたくさんいます。 もちろんキラキラネームがNGということはないのですが、あまりに長い名前や覚えにくい名前は犬が覚えてくれない可能性があります。 また、名前をつけた飼い主自身が呼ぶのが面倒になってしまう場合もあるようです。 凝った名前をつけたい気持ちはわかりますが、シンプルなほうがおすすめです。

聞き取りやすいい音、聞き取りにくい音がある

犬の身体的な特徴も知っておくべきでしょう。 というのが、犬は子音の聞き分けが得意ではないからです。 子音よりも母音のほうが聞き取りが得意で特に「あ・う・お」は聞き取りやすいそうですが、子音、特に「い」や「え」は聞き取りが苦手です。 たとえば「はな」や「そら」といった名前は、「ああ」や「おあ」としか聞こえていないといわれます。 したがって、母音をメインにした名前のほうが犬にとっては聞きやすく覚えやすいというわけですね。

モグワンドッグフードの悪い口コミは本当?原材料や評判を調査!

Continue Reading