肌荒れにいい薬は?オロナインやワセリンでも?

肌荒れ対策には日ごろの洗顔後のお手入れが重要

肌荒れは症状が進む前に対策を講じるのが肝心です。
そのためには、日ごろの洗顔後のお手入れがポイントです。

■洗顔後のお肌の手入れ方法

洗顔はお肌のためには非常に大切ですが、洗顔後のお手入れを間違った方法で行なってはダメージを与えることがあるので要注意です。
ここでは、正しい洗顔後のお手入れ方法を紹介しましょう。

まず洗顔後にタオルで水分を拭き取るときは、肌にストレスを与えないように優しく拭います。
擦ったりするのはNGです。
次に、拭き取りが終わったら美容液をつけるのですが、この時美容液を手で温めてから顔全体につけると効果的です。
そして、化粧水を肌の内部まで浸透させるために、コットンに含ませて優しくパッティングします。
化粧水を冷やしておくと毛穴の引き締め効果があるのでおすすめです。
最後に、クリームか乳液を塗りますが、脂っぽい部分は乳液、乾燥している部分はクリームと使い分けるといいでしょう。
水分を逃さないことが目的なので、オロナインやワセリンでもOKです。

これまで使っていた化粧品やスキンケア製品なのに、肌トラブルが起こることもあります。
しばらく使い続けて症状が改善しない、またひどくなったという場合には、使用を中止して皮膚科で診てもらうことが大切です。
沖縄 安い 痩身エステ

■薬で肌荒れの改善

ここまで肌荒れを抑えるための洗顔後のお手入れを紹介しましたが、肌荒れがひどくなった場合には薬で解決する方法もあります。
使用するのはステロイド剤(副腎皮質ホルモン)です。
ステロイド剤は肌の炎症を抑える働きがあり、使用する場所によって体内への浸透度が異なるといわれ、顔への浸透率は腕の10倍以上とされます。
また、効果の強さに応じて段階が分けられているのは、使用方法や使用期間によって副作用が出る恐れがあるからです。
したがってステロイド剤は信頼できる医師の指導のもと、使用方法や期間、注意事項をしっかり守って使わなければなりません。毛穴 洗顔 ランキング

関連記事

犬の命名はこんな点に注意